縁結びで有名な出雲大神宮。境内には、参拝者がお守りの赤い糸を結ぶ「夫婦岩」や、
御神体山の御影山(みかげやま)から湧き出る霊水「真名井の水」などもあり、
見どころが沢山あります。今回はそんな出雲大神宮をご紹介します。


日本一の縁結び神社 出雲大神宮

出雲大神宮は大国主命とその后神、三穂津姫命御二柱の御神格を併せて
主祭神と称え祀り、丹波國に御鎮座なされています。

この土地は「地」からも「天」からもパワーが発せられる特別なスポットです。
また、日本一の縁結びスポットといわれており、単に男女の仲を結ぶだけでなく
、万物が立派に生成するように、社会が明るく楽しいものであるよう、
全てのものが幸福であるようにと、お互いの発展の為のつながりが結ばれます。

「丹波に出雲といふ所あり、大社をうつしてめでたくつくれり。」
これは兼好法師著『徒然草』第236段の冒頭です。
この“出雲といふ所”が出雲大神宮のことなのです。


最大のパワーが集中 磐座

神社の裏にある御影山が御神体。この山自体が大きなパワースポットとなっています。
太古より人々に神そのもととして崇められてきました。

山中にはいくつか磐座(いわくら)があり、中でも本殿裏の磐座は
出雲大神宮のパワーの源ともされ、熱心に通う人も多いそうです。

この磐座には天からの光が舞い降りるので、願い事はこの場所で行うのがベスト。

また、「稲荷社」の右手にある「みかげの滝」にも強い生気があるそう。

立ち寄って、水の流れを眺めてみてください。


最奥部の磐座は・・・

御影山には社務所で入山許可を得ないと入れないエリアがあります。
一番山の上にある磐座、国常立尊(くにとこたちのみこと)を祀っている場所です。
ここへ行くためには社務所にて名簿に名前を書き、タスキを借りて入山します。

明らかに空気が変わったのが分かりました。やはり神様がいるからなのでしょうか。。
この場所は人が近づくのを好んでいないそうなので立ち入らないほうがいいそうです。


三大御神徳 長寿・縁結び・金運

御影体山からの真名井の水を戴くことにより、病を退け、邪気を追い払い、
健やかに日々の生活を送ることを長寿につなげ、清き心でそれぞれの
生業の道に励み信奉することで運気も開けるそう。
たくさんのパワーがこの神社にはあるんですね。。


毎年虹が出る?!やっぱりただのパワースポットではない・・

2017年、2018年の初詣に出雲大神宮に訪れたのですが、
2年連続で虹を見ることができました。


2017年の初詣


2018年の初詣

うっすらとですが虹を見ることが出来ました。
私はやはりすごいパワースポットだと思っています。
スピリチュアルカウンセラーの江原氏や、風水師のDr.コパ氏、
実力NO.1の風水師 李家幽竹氏もこぞっておすすめしているスポットです。
空気の違いも感じることができるので、ぜひ訪れてほしい場所です。


出雲大神宮 観光情報

住所:京都府亀岡市千歳町出雲無番地
Tel:0771-24-7799
営業時間:拝観自由
駐車場:無料駐車場あり(80台)
アクセス方法詳細
ウェブ:http://www.izumo-d.org/